カー用品ガイド

こんなのが欲しかった!と思うカーグッズを紹介。

*

FOBO Tire(TPMS)の中身をチェック!各パーツ紹介

      2015/10/06

ここでは、FOBO TIRE(TPMS)のパーッケージ内容(商品構成)を各パーツごとに見て行こうと思います。


まず外箱を開けると…

外箱を開封したFOBO TIREの状態。

商品が入っている箱を見るだけでも安ぽっさが無く、安心して使えそうな印象を受けます。

FOBO TIREを箱から出して並べた状態。

レシーバー(受信機)とセンサー(測定部)と専用工具はなんとなくイメージできますが、その他は?です。

受信器本体

正式名称は、インカーユニットと呼ぶようです。

縦横の大きさは、スマートフォン(iPhone5s)くらいのサイズです。

手の平に乗るくらいのサイズです。

※厚み20mm×横幅45mm×長さ85mm

FOBO TIRE本体裏側の電池挿入部分

受信器本体を裏返すと単三乾電池が2本入るようになっています。

センサー部

センサーは4個入っています。

ですので、4輪の自動車専用です。

バイク用(2輪車用)のアプリが開発されれば、オートバイ等でも活用できそうですが、現状では厳しい感じを受けます。

※追記※

バイクには、『FOBO Bike』という専用TPMSが発売されていました!

FOBO TIREのセンサー部品

標準的なバルブキャップとサイズを比較してみると…

普通のバルブキャップとの大きさ比較

かなり大きいな印象を受けます。

ただTPMS用のセンサーとしては、10gと重量は軽い方です。

※サイズ:高さ16mm×直径26mm

ロックナット

最初は何に使うものかと思いましたが、センサー部を固定するためのロックナットでした。

6個入っていますが、2個は予備のようです。

FOBO TIREタイヤセンサーロックナット×6

正式名称は、タイヤセンサーロックナット。

ロックナット用専用レンチ

名前の通り、タイヤセンサーロックナットを回す為の専用レンチです。

これも2個入っていますが、1個は車載して、1個は自宅に予備として保管しておくような意味合いで2個あるようです。

ロックナット用専用レンチの使用イメージ

以上、主要パーツの紹介です。

あとマジックテープ(両面テープ付)が2枚(1組)とリングが入っていました。

おそらくマジックテープは、本体を何処かに固定する時に利用し、リングは専用レンチの穴に通して、キーホルダー的に使うものだと思います。

 -  FOBO TIRE(TPMS), TPMS(タイヤ空気圧監視システム)
 -    


  関連記事

FOBO TIREタイヤ空気圧モニタリングシステム
FOBO Tire(TPMS)タイヤ空気圧モニタリングシステム/スマホ対応Bluetooth方式

スマートフォンのアプリ(App)を使って、タイヤの空気圧をチェックできるTPMS …

TPMS タイア空気圧モニタリングシステム Air Safe
Air Safe(AS-CV1/AS-SV1) タイヤ空気圧モニタリングシステム

タイヤ空気圧モニタリングシステムのAir Safe(AS-CV1/AS-SV1) …

FOBO Tireのタイヤロックナット取り付け
FOBO Tireセンサー部の取り付け(ロックナット取り付け編)

ここでは、FOBO Tireのセンサー部(バルブキャップ)を取り付けるための準備 …

FOBO TIREタイヤセンサー
FOBO Tireのタイヤセンサー取付とセットアップ(完結編)

商品に添付されていた取扱説明書に準じるA4サイズ2枚のFOBO TIRE(フォボ …

ZUS Smart Tire Safety Monitor
ZUS Smart Tire Safety Monitor リアルタイム空気圧監視

ZUS Smart Tire Safety Monitor(ズース スマート タ …

Fobo Tireアプリをインストールしよう
Fobo Tireアプリのインストール(取付準備編)

商品に添付されていたFOBO TIRE(フォボタイヤ)クイックスタートガイド(第 …